まいにち

ただの日記

宇宙人再来!

9/29 (土)

今年も渋谷WWWに、台湾のバンド宇宙人cosmos peopleのライブを観に行って来ました。

 

f:id:ao09:20181001103136j:image

 

一年ぶりの宇宙人のライブ。すごくすごく楽しくて、ただただ歌声と演奏が素敵な世界でした。

 

開演前少し早めに行って、物販を購入。

1時間くらい並んでタオルをゲットしました。

Tシャツは去年のをばっちり着て参戦しましたが、やっぱり会場はTシャツ率少ないです。特に去年のとか着てる人いない(笑) なんなの、皆毎年何に並んでるの、CD?笑

 

 

さてライブ、

始まりはもちろん「我們的探險計劃 」から!!

始まるって感じするよね!!ワンマンだけどフェス向きな気がするのよ、小玉の歌声で曲がわかった瞬間に会場のボルテージが一気に上がる感じがすごく容易に想像できる。

 

特に嬉しかったのは、私が宇宙人に出会った思い出の曲「要去高雄」や、今年の世界の車窓からでより好きになった「寂寞之上」が聞けたこと。

あと、阿奎の癒しボイスが聞ける「心向夏天」やDJ Qなど素敵な時間がたくさんあったのですが、

 

やっぱりライブの醍醐味は、生演奏で聞いてこの曲こんなに良かったの!?って出会いをすることだと個人的に思います。去年は「夜來夜香」に出会って一番好きな曲になったのですが、今年は...(ドラムロール)笑

 

...この曲...!

 

...「兩人雨天」です!!

 

もうあかん。すごく良かった、聞き惚れるとはこのこと。改めて思うのは、台湾国語の曲は他のアーティストさんでとカッコいい!と思う曲が多いのですが、台湾語の曲はもうね、泣いちゃう感覚なのです。

 

小玉のすごく綺麗なのに、かすれそうな切ない歌声にこの台湾語、そしてメンバーの美しい演奏が最高に合います。泣いてまう( ; ; )

 

ライブ、本当に素敵な時間だった。

宇宙人、そして小胖、ありがとうございました!!

 

 

と、楽しい時間を探したのですが、

2年連続で行かせていただいたことで、どうしても去年との違いが目についてしまった部分もあります。

 

演奏とは関係のない、かなり個人的な感想なので不快な方は飛ばしてください。

 

去年と比べて残念だと思ってしまった点。

 

まず、メンバーがお客さんとのコミュニケーションを英語中心で取るようになったこと。

これはかなーり個人的な感想です。去年は、小玉は英語時々日本語、阿奎は中国語、方Q先輩は日本語で話してくれてたなと思ったのですが、今年はほとんど英語でした。(先輩は頑張ってけっこう日本語を話してくれてました、すごい)

 

世界で活躍する宇宙人なので、英語のコミュニケーションがもう当たり前なのかもしれません。私達に伝わるように英語を話してくれてるのかもしれません。

でも!でもでも!私はもっとメンバーの中国語が聞きたいのです!かなり個人的なわがままです!笑

言ってること理解できなくても、中国語でわちゃわちゃ話す姿が見たいなぁと思うので、とても複雑です。特に阿奎の中国語を期待してた(笑)

 

それから、これは真面目な話。

今年はフロントと一般フロアの価格に差があったこと、少し残念です。去年はそういうのはなかったはず...。大きな箱ではないので見え方にそれほど変わりはないのですが、金額に差をつけ出したことが単純に悲しい...。

これも個人的なわがままです。

 

最後に悲しい点を書いてしまいました。

中国語が聞きたいと言うなら、台湾でのライブに参戦すべきだろうなぁ自分。反省。

将来できる台北大巨蛋でライブをする時がくれば、いつか行ってみたいです。

 

宇宙人のファンの先輩方、こんなaoに喝を入れてくださる方がいらっしゃれば是非お願い致します。

 

おわり