まいにち

ただの日記

宇宙人襲来!

9/23(土) 渋谷WWW

 

f:id:ao09:20170925233644j:image

 

台湾のバンド、宇宙人(cosmos people)の東京公演に行ってきました。日本から始まるワールドツアーということで、翌24日には大阪でもライブを行ったそう。

日本からスタートなんて嬉しいね!

 

f:id:ao09:20170925233711j:image

 

宇宙人自体は台湾に初めて行った直後くらいからのんび〜り好きだったのですが、ライブは初めてなので、期待とあと海外アーティストのライブ自体も初めてなので少々不安が。

ちゃんと反応できるかなー中国語わかるかなー。

 

ちなみに、CDは昔のアルバムを1枚持っている程度で、後はYouTubeで予習です。

公式さんがけっこうMVをあげてくれているのでありがたい。

実は8月の台湾旅行でアルバムなど買い込んでこようと思ったんやけど、1店舗目のCDショップ?になくて流れてしまったのです∧( 'Θ' )∧残念、つぎこそは。

 

さて、今回のライブ。

物販購入者には特典が付いてくるそうで、CD先行予約をした人には公演後の握手券、それに加えてTシャツ・タオル・ポーチの3点全て購入した人はメンバーとの写真撮影券が付くということでした。

こういう握手会とか、積極的に参加できる人になりたいけど今のところ無理そうです。憧れの人たちを前にすると息が止まりそうになる( ;∀;)

 

私はTシャツとタオルだけ購入!

機会があればCDもまた購入しよう。

 

と、ばっちり着替えて意気込んだけど、意外にTシャツ率少ない...?なんというかモローンズの時も感じたけど、こういう小さな箱の時はグッズ買う人も少ないんかな。

CDの先行予約はめっちゃ並んでるような気がしたけど、グッズの売れ行きどうなんやろう。

 

開演30分前

整理番号は遅かったけど前から3列目の真ん中くらいを確保できた!まずまず!

 

 f:id:ao09:20170925235229j:image

 

さて、いよいよライブ開始

宇宙人登場...!

したら、やばい、近い。

小玉の歌声が!阿奎のギターが!方Q先輩のベースが!小胖のドラムが!

素敵すぎて苦しい。ほんとに、楽しい。

 

周りの方達があんまり手あげたりしなかったから控えめに控えめに頑張ったけどね、本気で体が動き出したくてうずうず。楽しすぎた!

 

MCもなんとか伝えてくれようと頑張ってくれてたし、衣装(私服か?)もおしゃれで目の保養〜やしパフォーマンス以外の部分も言うことなし!

もうね、方Q先輩の日本語すごいよー努力を見習いたいよう( ;∀;)頑張りすぎて曲順ミスったところもステキ!笑

 

何よりも、4人の息ぴったしな演奏と歌声を生で聴けたことがとても貴重な時間だと思いました。抜かりないなぁ、演奏も歌も。

 

特に良かったのは「夜來夜香」かなぁ。

明るい曲調なのに切なくてノスタルジックな印象があって、今の季節に似合うなぁって改めて思った。今回ライブで聴けて余計に好きになってしまったよ。

 

個人的に、ライブの面白いところは、今まで自分の中で特に注目してなかった曲が、ビックリするほど違った姿を見みせることだと思う。

いきなりスポットライト浴びたりするからなぁ。番狂わせどころじゃないで、生の歌声と演奏侮れない。

今回は特にそういう曲が多かったかも。ライブの演奏が素敵なアーティストは本物だと思う。

宇宙人の可能性をすっごく感じた。

 

アンコールにはばっちりタオルも持って出てきてくれたし、満足!

最高のライブをありがとうございました!!

 

ライブ後、小玉とハイタッチしたお客さんに握手してもらった〜( ˆoˆ )/

小玉のぬくもりを少し分けて頂きました。無理言ってすみません、あの時は本当にありがとうございました!

 

宇宙人の皆さん、素敵な時間をありがとう!

ワールドツアー頑張ってね!

ラーメンたくさん食べてくださいな〜

 

 

f:id:ao09:20170925234530j:image

↑キュウソからお花が!

 

f:id:ao09:20170925234540j:image 

↑あともちろんスペシャからも( ˆoˆ )/にやにや

 

 

おわり

 

 

映画の日

12月1日は映画の日

1896年に日本において初めて、神戸で映画が公開されたことを記念して1956年に制定されたそうです。

 

ということで、

『私の少女時代-OUR TIMES-(我的少女時代)』という作品を観に行きました。

 

f:id:ao09:20161225003144j:image

 

2015年に台湾で公開され、約15億円の興行収入を記録。中華圏を中心とするアジアで大ヒットした作品だそう。

 

以下公式サイトの紹介文。

90年代台湾を舞台に、さえない女子高生と、イケメン男子と不良男子の恋と友情を描いたノスタルジックで切ない青春ラブストーリー。 仕事も恋愛も空回りのOLリン・チェンシン。なにもかも嫌になって泣きたくなった時にラジオから聴こえてきたのは、彼女の青春時代のアイドル、アンディ・ラウの歌。そして、リンは高校時代を回想する―― 輝かしい青春の日々、ほろ苦い想い出・・・という誰もが経験した初恋のユーモアと90年代ノスタルジーを織り交ぜて描いたさわやかな青春映画。

映画「私の少女時代ーOUR TIMESー」公式サイトより

http://maru-movie.com/ourtimes.html

 

なんだろう。観終わった後、こんなにも元気になれる作品にかつて出会ったことがあるだろうか...。

真っ青な空を背景に、太陽がサンサンと降り注ぐ台北駅を初めて見上げたあの時のような、清々しく晴れやかな気持ち!(大袈裟でない)

 

「台湾×90年代」というノスタルジックな舞台背景がそれだけでもう私得すぎるんだけど、単純に2時間半飽きさせないテンポの良さや細かいネタの盛り込み方、台詞の良さがあったと思います。

 

登場人物も、

主要メンの4人だけじゃなくて真心や太宇の友達、先生や真心の家族もスピンオフ作って欲しいくらい魅力的だった!あと敏敏の友達も「こういう奴おる!笑」みたいな感じでおもしろかった!

 

恋や学校生活への素直なときめきや自分自身へのもどかしさを抱えて、全力で走る主人公達が少し羨ましいな...。

自分もあんな風にどんなことにも真っ直ぐにぶつかっていく青春時代を過ごしたかったです。

 

出てくる台詞。

好きなのがたくさんあるけど、後半に出てくる真心の「只有我們自己能決定自己的様子!」

私達のことを決められるのは、私達(自分自身)だけ!

って台詞がすごく好き。

 

色んな人に出会って色んなことを経験する青春時代は、他の誰にも決められない自分の価値を形作る大切な要素なんだろうな。

青春時代はもう過ぎたかもだけど、私も出会いや経験を大事に積み上げていきたいな。

 

〇〇〇

 

12月23日。

武蔵野館にもう一度、上映最終の回を観に行ってきました。劇場内はほぼ満席(たぶん)で、上映前に思いがけず配給会社の方達が挨拶に出てこられました。

私の隣は50代くらいのおじさまだったんだけど、ガン泣きな感じで世代に関わらず愛される作品だと改めて感じた!

 

これは、来年新しくオープンする吉祥寺の映画館にも観に行くだろうなぁ。DVD買うだろうなぁ。笑

 

 

 

台湾旅行!3日目

さて、早いもので最終日。

やっぱり早起きはできず、のんびりパッキングしてから出かけます。

3日間お世話になったドミトリー、ありがとうね。

 

今日もほんとに暑い!

ドミトリから西門駅への道にある于記杏仁豆腐でタピオカ杏仁ドリンク(?)を購入するも、うーん、ぬるい...。

有名なお店やと思って期待したんだけどなぁ

 

f:id:ao09:20170725081003j:image

↑見た目はばっちり!

でも飲みきれず少し残してしまった。

 

さてさて、龍山寺に向かいますよー

捷運にもそろそろ慣れてきたかな。

 

f:id:ao09:20170727001044j:image

龍山寺駅到着!

駅ナカでオープンちゃんに遭遇、かわゆいですね。そういえば今回他の場所ではあまりみかけなかったかも。

 

f:id:ao09:20170727001334j:image

 

こんな感じの地下街を通って、地上に出ます。お土産物屋さんとか服屋さんが連なっています。

 

f:id:ao09:20170728151432j:image

 

 よし、良い場所に出てこられた!龍山寺の駅は出口が多くて、表示通りに行ってもなぜかいつもちょうど龍山寺の前に出てこられないんです。

今日はバッチリ!!

 

参拝前にまずは腹ごしらえ。

ずーと食べたかった、この旅で一番食べたかった、黄金餅を食べに三六圓仔店へ!

 

じゃじゃん!どうですか〜

 

f:id:ao09:20170728152219j:image

↑黃金麻糬

温かいお茶はサービスです。ありがたや。

 

見よこの美しいフォルムを!

ぷりぷりモチモチなお餅の中にはチーズ、そしてたっぷりかかった粗めのきな粉...

食べたい、今すぐまた食べたい。

 

私が行った時は観光客はいなかった模様。通りから持ち帰りのお菓子を買う人も、店内で食べている人も地元の年配の方達でした。

ひっきりなしにお客さんが来られていて、店員さん達はとても忙しそう!

 

f:id:ao09:20170728153615j:image

繁盛してます。忙しなく店内を駆け回られていました。臨場感が伝わりますでしょうか?笑

 

お腹がいっぱいになったのでこの辺を散歩。

これとか、なかなか良い雰囲気の建物です。

 

f:id:ao09:20170728154117j:image

↑なんのお店やろか?

お茶屋さんとか、筆屋さん、はたまた古本屋さん?

気になる気になる。

 

f:id:ao09:20170728155629j:image

 

さて、やっとこさ龍山寺へ!

3年ぶりの参拝です、ただいま。

 

f:id:ao09:20170728155046j:image

↑この池も変わらないね。相変わらずの水の出しっぷりですね、師匠!

 

参拝して、おみくじを引きます。

 

f:id:ao09:20170814023802j:image

 

前回はボランティアのおじいさんが参拝方法を教えてくれたけど、今回は忙しそう...

とりあえず全部を回った方が良いかな?

 

f:id:ao09:20170814024128j:image

 

f:id:ao09:20170814023849j:image

↑可愛らしい飾り

 

それにしても龍山寺駅周辺、なんか他の場所と比べてめちゃめちゃ暑い気が...

お寺の中でも皆汗だくで参拝してました。パワーが溢れて熱気がむんむんということなのでしょうか。(?)

 

参拝後はどうしようかと思い、一度駅に戻るも周辺地図で近くに図書館があることを発見。

台湾の図書館、ちょっと興味ある...と思い、急遽見に行くことに。

 

でも、地図にあった場所をいくら探しても普通の雑居ビルがあるだけ。

なんやろう、潰れたんかな。と思いつつも諦めきれなくて周りをぐるぐる探しましたが、ほんとにみつからない、そして暑い...。

ちょっとだけ怖い通りみたいなところに出てしまったので、さすがに諦めました。悲しみ。

 

後で知ったのですが、龍山寺周辺は治安が良いとはいえない通りもあるようで、お昼でも女性の、特に旅行者の一人歩きは注意してくださいとのことでした。(あくまで治安の良い台湾の中でも比較的不安な場所があるというだけで、悪い場所でもないですし普通に歩いていて何か起こるということはないとは思います。悪しからず?)

 

f:id:ao09:20170802125236j:image

↑ちゃんとこんな風に賑わっている通りもある!市場かな?

 

あ゛〜(´-ω-`)と、

若干のモヤモヤを抱えて、西門に戻ります。

西門到着後はマンゴーかき氷を食べるべく、有名店の幸春三兄弟へ。

 

f:id:ao09:20170802125755j:image

 

f:id:ao09:20170802125637j:image

 

前日の冰讚が美味しすぎたのでめっちゃ普通に感じる。むしろ量多くて苦しいかも。

 

体が冷えたので、台北駅地下街まで歩きます。

なんとな〜くの方向にウロウロ。

 

f:id:ao09:20170802130230j:image

↑道中立派な何かをみつける。

門??後ろの建物がちよっと邪魔やね。

 

前を歩いてた人たち、絶対他人同士だと思ってたら実はカップルだったというあるあるに気を取られながらも、台北駅地下街に到着。

なんで途中そんな離れて歩いてたの(笑)

 

台北駅地下街は迷路みたいで散策しがいがある!!食べ物ゾーン、服ゾーン、オタクゾーンに住み分けされていて楽しいです。

 

f:id:ao09:20170802133120j:image

↑こちらはオタクゾーンの一角でXboxのダンスを楽しんでおられるところ。店員さん神ってたね。

 

どこかのブログで見た、タピオカミルクティーが美味しいというドリンクスタンドで購入。

砂糖の量を聞かれてるのに、わからずにOKという曖昧な返事をして店員さんを困らせる(´ω`)

 

味は普通だったかな...。あまり記憶に残っていないから、普通に美味しかったのかな。

 

後は服ゾーンをプラプラ見て、

そういえば小籠包食べてないなと気づく。(今さら)

地下と直結してるフードコートらしきところで良さげな小籠包をみつけたので食べます。

 

 f:id:ao09:20170813035102j:image

 

なかなか美味しい!

フードコートと言えず侮れないです。

 

f:id:ao09:20170813035115j:image
↑お汁もちゃんと出てきます

 

後で知ったけどこのお店は牛肉麺が有名だったらしい。しくじったぜ。

 

さて、小籠包のミッションも終わったのでそろそろ荷物を取りにドミトリーに戻りましょう。

 

と思ったけど、

 

[uploading:2ECA767F-96C0-43FA-B33A-B11F8039C956/L0/001]

 

あれ?

なんか、素敵な建物がある

 

博物館かな?ちょっと覗くだけと思ってみてみると、今はちょうど無料で開放している期間だそう。

せっかくなのでササッと見学させて頂きます。

 

[uploading:1511EA94-9B74-4064-982E-BDA2C4993300/L0/001]

 

お、けっこう本格的...

 

[uploading:C381C05D-1C45-4788-8220-8D804B47DB6F/L0/001]

↑なんやこいつー!笑

[uploading:313CB107-0A75-42D1-865B-E383A36291CA/L0/001]

 

すごいすごい!ジュラシックパーク感!

 

[uploading:4AA4D252-93FC-4914-B3D0-77E9CAA70FCE/L0/001]

 

お土産コーナーがあって、これで終わりか?と思いきや、まだ続きが...

 

f:id:ao09:20170823145617j:image

 

銀行ゾーンに突入。

一体何の博物館なんやろう??

 

一通り見終わったので、博物館は退散。

ドミトリーに荷物をピックアップして、再び台北駅に戻ります。もうそんなに時間がないので、国光客運で桃園空港行きの台北駅西側のバス乗り場に向かいましょう。

 

バス乗り場、結構混んでる!

けど無事バスに乗れました。

 

f:id:ao09:20170823130223j:image

↑車内はこんな感じ。テレビテレビ!

 

 f:id:ao09:20170823130243j:image

 ↑車窓から。

台湾ぽく思わせるのは室外機がむき出しで壁に張り付いているから?

 

さて、バスにも乗れたし一安心〜と思ったのですが、

...なんかおかしい。

市内行きのバスよりえらい色んなとこに寄り道する。

 

??と思っていたのですが、どうやら国光客運と大有巴士を乗り間違えたようで。

どうりで行きよりバス代が安いわけだ(笑)

 

あまりにも普通の路線バスのようにバス停に停車するので、チェックインに間に合うか不安になってきた...。

しかも追い討ちをかけるようにこの旅初めての大雨&謎のパレードみたいなので道がめっちゃ混んでる!外も暗いし不安が募る。

 

 f:id:ao09:20170823125454j:image

↑なんのパレードやねん!

なんか荷台で中綺麗なお姉さんが踊ってるトラックも多くて(しかも大雨の中)少し怪しさがあった。

 

もうほんとに着かないかもと思った。半泣きになりながら為すすべもなく、ネオンが光る台湾の夜の街をみつめる。

もう桃園に入ってるのかな...。ちゃんと空港に着くよね...?

 

と、絶望の淵にいると、

いきなり「ターミナル1」という放送が!

うあぁ(´;Д;`)着いた。良かった〜。

 

なんだか生きてる心地を実感して、感動しながらバスを降りました。

フライトはpeachだったけど、チェックイン業務はエバー航空が代理でを行っているようです。

 

チェーックイン!やっとこさ落ち着ける!

と思いきや、まぁここでもスムーズにいかないものです。

大きな台風が来ていて(さっきの大雨もこの影響)、飛行機が6時間ほど遅れますとのこと...。

 

遅れるお詫びに空港で使えるミールクーポンをもらいました。200元くらいだったかな?

peachやるなぁ〜

 

f:id:ao09:20170823131649j:image

↑ミールクーポンでゲットした排骨飯定食

ボリュームすごい!魚のすり身のお団子のスープが美味しすぎます。

 

ご飯を食べ終わると暇です。

寝ちゃって乗り過ごすのも怖いので空港内を探検です。

桃園空港楽しい!休憩場所たくさんあるし、それぞれテーマが分かれてるので飽きないです。

 

f:id:ao09:20170823132104j:image

↑音楽がテーマの部屋

 

あとは通路に飾られてた写真が印象的でした。

色々な人が撮った台湾各地の写真がずらっと並んでいます。写真家が撮ったのかな?

行ってみたくなる素敵な写真ばかりでした!

 

f:id:ao09:20170823144448j:image

 

f:id:ao09:20170823144157j:image

 ↑この写真1番のお気に入り!

金門か...遠いけど、いつか行ってみたいな。

 

 

この後予定通りの飛行機に乗ることができ、

台風一過で濡れた滑走路が、きらきらひかる羽田空港へと無事に着陸しました。

 

これにて3日間の台湾旅行記は終わりです!

楽しかった!本当に。

すぐにでもまた訪台したい気持ちです。

 

次は台北以外にも行ってみたいな。

 

おわり

 

 

 

 

 

台湾旅行!2日目

早安、台湾の朝。

 

昨日遅かったのと冷房が少し寒かったのとで、まだ眠い。もっと早くに起きて阜杭豆漿に行くつもりが8:00くらいに起きたぞ...。

しょうがないので、昨日ドミトリーまでの道のりで見かけたお店に向かいます。

 

道中、今日も日差しが強い。あわあわ。

歩いて10分もかからないうちに、永和豆漿大王に到着です。

調べたところ、この「永和豆漿大王」という名前は豆漿屋さんによく使われる名前だそうで、チェーン店でもないのにチラホラと同じ名前のお店が出没するので観光客が惑わされてるそう(私)

 

メニューは日本語表記なしと予習していたので、事前にメモしていきました。

朝ごはんの時間より少し遅かったと思うけど、お客さんがひっきりなしに来ていました。主に地元の人かな?評判良さそう、ワクワク。

 

私は鹹豆漿(油條入り)、それから饅頭夾蛋をいただきました。

f:id:ao09:20170116163938j:image

↑左が鹹豆漿、右が饅頭夾蛋

 

鹹豆漿は豆乳というより茶碗蒸しスープみたいな感じ(?)です、揚げパンと合う。

ほんで饅頭夾蛋。これね、美味しすぎるよ。

美味しすぎて時が止まったかと思った。笑

ふかふかでほんのり甘く、それでいてどっしりしっとり薄焼き卵を包み込んでいます。

...素敵。

 

f:id:ao09:20170116165505j:image

↑ふっかふっかっ...!

 

f:id:ao09:20170116171353j:image

↑ローカル感があります。

清潔な方なんじゃないでしょうか?

 

饅頭夾蛋、魅力的だけど大きすぎて半分も食べられなかった(笑) 。ので、このままお持ち帰りします。

 

さて、これからお土産用にオークラホテルのパイナップルケーキを買いに行くのですが、このお店からだと台北醫院駅が近いので、そこから乗って中山駅に行くことにしましょう。

 

台北醫院駅1番出口は、昨日少し通った二二八和平公園の中にあります。

時間があまりないけど、公園内のモニュメントや建物が気になる...。

 

f:id:ao09:20170206021733j:image

 

f:id:ao09:20170206023154j:image

↑イベントの準備中かな?少し人がいた。

 

f:id:ao09:20170206022019j:image

 

f:id:ao09:20170206022130j:image

↑野生のリスちゃんが!素早くてちょっと怖い(笑)

 

さて、満足したので中山駅に向かうか。笑

台北醫院駅で電車を待っている時、ふと電車の発着音が気になりました。

これ淡水信義線だけなのかな。すごく懐かしいような温かいような、でも切ないような、不思議な音楽。

もう一回聞きたくて、思わず電車一本見送ってしまいました。

 

中山駅に到着。

まずは地下鉄出口のすぐ横にある金興發生活館に寄ります。ここも前回来たなぁ、懐かしい...。

雑貨や文具、生活用品やらが置いてあります。

台湾の学校で使われる学習帳を探してたんだけどないみたい...。他にもかわいい雑貨がたくさんあるけどmade in koreaが多くて、わざわざ台湾で買う必要ないかなと思ってしまうかも。

 

ここでは何も収穫なしだな。

いいかげんオークラホテルに行こう〜。

 

これこれ!パッケージもかわいいパイナップルケーキ!

 

f:id:ao09:20170206022503j:image

 ↑2段目がパイナップルケーキ

下のヌガーもかわいいな、一番上のはなんだろ?

 

無事にお土産も買えたので、お次は冰讚に向かいます。雙連駅が最寄りなので歩きます。

 

f:id:ao09:20170418173724j:image


冰讚到着、やっぱり並んでるなぁ。

 

 

f:id:ao09:20170219212520j:image

↑待ち時間、

お店の向かいの建物が廃墟風で素敵だった。

 

10〜15分くらい並んで、良い席にありつけました。日向に並ぶのは結構キツいです。

 

f:id:ao09:20170217174939j:image

↑芒果雪花冰

カレーに見える(笑)マンゴー甘くてトロトロで最高!これはリピーターが多いのも納得!

 

マンゴーも氷も口の中でホロっとジュワッと溶けるから、一人でも余裕でした。あぁ、もう食べたい...。

 

冷んやりリフレッシュしたので、次は勝立生活百貨に向かいましょう。ここから15分くらいの位置なので、景観を楽しみつつ歩きます。

 

f:id:ao09:20170223210723j:image

 ↑たぶん雙蓮市場かな

食べものも服も売ってた。肌着が激安(笑)

 

 f:id:ao09:20170301200348j:image

↑アジアによくある一回はお店、二階が住居のスタイル。

バルコニーはだいたい格子で囲われてました。

防犯対策?雰囲気ある...。

 

台北だけど路地はローカル感と生活感があります。

ここでどんな生活をしているのかな?

 

f:id:ao09:20170301200823j:image

 

さて着いた!勝立生活百貨!

日本でいうところのドンキ(らしい)。

とりあえず店内をうろうろ...

 

っと、いきなりあった!

探し求めていたノート!

 

f:id:ao09:20170302074647j:image

↑国語、数学...レトロ感があってかわゆい

 

あとは小さい湯のみ?を買って終わり。

てかここのレジのお兄さんが 個人的に最高でした(笑)

「袋アル?」って可愛らしい発音の日本語で聞いてくれて、陶器の湯のみもめっちゃ素早く丁寧に包んで、いそいそと詰めてくれました。

もはや用事なくてもまた行きたい(笑)バイトっぽいからいなそうだけど(笑)

 

さて、目的のノートも買えたので荷物を置きにドミトリに戻ります。

西門駅からドミトリの間にこんな素敵な建物を発見。

f:id:ao09:20170313182606j:image

 

中山堂。

聞いたことないけど、観光スポットなんだろうか...?とりあえず暑いし中に入ってみます。

 

f:id:ao09:20170324111900j:image

 

f:id:ao09:20170324111923j:image

 ↑「台湾語映画の宣伝」??

 

どんな場所なのかな?

2階は古い映画や俳優さん達の展示やスクリーン映像がみられて、さらに上の階はカフェや茶藝室(?)がありました。

台湾茶体験の勧誘をされたけど時間的にお断りしました。ちょっと後悔...。

 

あとはこの建物のメインだと思われる講堂っぽいお部屋も発見。

 

f:id:ao09:20170324114745j:image

↑レトロな雰囲気。この時間だからか少し控えめに、でも華やかに光るシャンデリアが素敵。

 

人がいたので見ていいのかなと思って中に入って何気なく写真を撮っていたら、その方達が何かのリハーサルを始め出した。しかも鍵を閉めて(!)

 

いや〜焦りました。「どうみてもここに部外者がひとりいるやん!めっちゃ目合ってるやんね!なんで!?」って感じでなんとか一つ開いていたドアを開けて脱出しました。

ふぅ、この出来事は今でも意味がわからない(笑)

 

命からがら逃げ出して(笑)、ドミトリに到着。

荷物を整理しつつ、少し仮眠を取ります...。

本当はシャワーを浴びたかったんだけど、ちょうどお掃除の時間だったよう。

 

さて眠って元気になるとお腹が空いたので、朝の饅頭夾蛋を食べます。冷めても美味しい...ほんとに美味しい。非常好吃!

 

お腹も満たされたし、次の行程に移りましょう。

西門駅から電車で劍潭駅へ。

台北最大の夜市、士林夜市に向かいます。

 

f:id:ao09:20170418155829j:image

↑劍潭駅

吊り橋っぽい?大きくて圧倒されます。

 

駅から出たらすぐに夜市の端っこが見えて、人も流れているのですぐにわかるはずです。

 

実はこの駅に着く前、ちゃんとわかっていたのに一つ前の士林駅で降りてしまった私。

前来た時はすぐに夜市が見えて来たのに、おかしいな...とだいぶ不安になっていました。暑さでボケたかな。

 

ひとりでボケてもツッコんでくれる人はいないので冷静に考え、一駅分歩いて無事に着きました。めでたし。

 

さぁぁ、久しぶりの士林だよぅー!

わくわく!

 

f:id:ao09:20170418162300j:image

↑エビ釣り

やってみたいけど次回友達と来た時にしよう...

 

f:id:ao09:20170418162345j:image

↑有名な檸檬愛玉

味は昨日のHOT STARのが圧倒的に美味しい。でもこの容器可愛くて持って帰りたくなったよ。

 

f:id:ao09:20170418164147j:image

↑この雰囲気がたまらない。好き(笑)

 

 f:id:ao09:20170418163459j:image

↑憧れの大腸包小腸!

大きめのソーセージをもち米の腸詰めで挟んだものです。カロリーのおばけです(笑)

 

f:id:ao09:20170418162447j:image

↑ここで買いました。

ガイドブックに載ってるとこじゃなかった。

 

f:id:ao09:20170418173819j:image

↑暗くなってくると夜市っぽいぞ!

ここで座って食べました。ごちそうさま。

 

 f:id:ao09:20170418163823j:image

↑しょっぱいもので喉が乾いたので、金柑ジュースです。ビタミンC!

 

現場からは以上です!笑

なかなか良い時間になってきたので、退散します。捷運でとりあえず台北駅まで。

 

台北駅の夜のお姿を拝んでおきます。笑

 

f:id:ao09:20170418165210j:image

↑夜の台北駅。なんか派手やな。

 

ドミトリに戻りつつ、クーポンを持ってきたマッサージ店を探しましょう。

ん、地図ではこの辺だけどみつからない...

 

お!!

 

f:id:ao09:20170418170918j:image

 

あったあった!

レジのお姉さんに「クーポンお願いします!」と意気揚々と出したら、

「これ別のお店のやで」と言われました(笑)

 

仕方がないので、平気なフリをしてここでマッサージを受けます。実は顔が真っ赤になってたんじゃなかろうか(笑)

 

さて。

マッサージも終わったので帰ろうとしていると金興發生活館を発見!!

キミ、こんなところにも居たのかい!!

 

嬉しくてスキップしながら中を散策(ノンフィクション)

中山の店舗より台湾モチーフの文具が多くて、感動しました。ここは行きつけにしよう...!

 

物欲も満たされ、無事にドミトリに着きました。

ドライヤーがちょっと混んでたけど、サクッと支度と荷造りをして就寝。

明日ノープランだけどどうするかな...。

 

とりあえずおやすみなさい。晚安〜

 

台湾旅行!1日目

会社のお盆休みを使って、ひとりで台湾に行ってきました。

台湾に行くのは2度目で、大学2年の時に、友達と行った初めての海外旅行先が台湾でした。

その旅行がもう本当に楽しくて楽しくて衝撃的で、思えばその時から、私の長い長い台湾への片想いが始まったのかもしれません。笑

 

まずもっと現地の方達とお話したい!感謝を伝えたい!と思って、中国語に興味を持ち始めました。

テキストを買ってみたり、NHKのラジオやテレビの講座を録画して何度もみたり。台湾旅行記や留学をされている方のブログを読み漁ったり。本屋さんで台湾特集の雑誌や書籍があればすかさずチェック!行く予定もないのに航空券を定期的にチェック!という感じに、

本格的ではなかったけど、だらだらじわじわと台湾への思いを温めていました。

 

さぁ!3年越しの思いが叶ったわくわくと、初ひとり海外の不安を抱えて、いざ台北へ...!

 

 *

 

初羽田を経て桃園へ、

朝の6:00発なので前日夜中から空港に滞在してましたが、羽田の展望デッキは最高にロマンチックでした。これからは東京でオススメの所と言われたら間違いなくここを1番に推薦するレベルです。笑

 

さて、桃園空港に到着。

3年ぶりの台湾に感動を覚えつつ、WiFiの設定と空港限定(台北駅でも買える?)の悠遊卡をゲットして国交客運で台北に向かいます。

 

バスが着いたのは台北駅の東側。

とりあえず荷物を置きに宿に行きましょう。f:id:ao09:20160829074441j:image

↑久しぶりの台北駅。

とても荘厳で感動、そして良い天気!

 

今回の宿泊場所、最寄駅は西門駅ですが台北駅からも歩けない距離ではないとのことで、スーツケースを連れて歩きます。

 

台北駅からドミトリーまでの道のりに二二八和平公園という森林公園があります。

余裕ぶっこいて猛スピードで歩いてたら暑すぎて大変だったので、ここでしばし休憩...。

f:id:ao09:20160829153823j:image

↑旅行中何度か通りました。

静かだけど雰囲気は明るくて、たくさん人がいます。

 

ベンチに座って一息ついていたら、台湾人(おそらく)のお兄さんに話しかけられました。

たぶんこの辺でイベントしますよ〜みたいな勧誘かな、外国人だと気づかれてないからなのかめっちゃ元気よくたっぷり話してきて急だったのでびっくりして、

リアルに(;゚Д゚)こんな顔で「私は日本人です。」と覚えた中国語で伝えました。

すると、「そうなんだ!日本は〜☆」みたいな感じでさらに元気よく話し始めたので、私も「台湾大好きです」とだけ伝えておきました。

(;゚Д゚)←こんな顔で。笑

 

さあ、迷いながらもホテルに到着。

一応チェックインできるか聞いてみましたが、15時からとのことなので、荷物を預けて西門駅周辺の探索開始です。

 

っと、その前に!昨日のお昼からほぼ何も口にしていないので、とりあえず飲み物を!

ということで50嵐に。

前回飲めなかったから、今回の台湾で一番初めに頼むものは50嵐のタピオカミルクティーと決めていました!

が、私としたことが写真を撮っていなかった...。でもそれだけ夢中で飲んだってことかな。ミルクティーはコクがあって、タピオカはモチモチで美味しかった!

 

気を取り直して、まず西門紅楼。日本統治時代の建築で、この八角形の建物とその周辺の広場を合わせて西門紅楼というそうです。

ずっしりと重厚感が感じられますが、行き交う多くの人を見守る姿が温かいです。というか西門暑いです。笑

 

f:id:ao09:20160830132609j:image

↑西門紅楼と土日に開かれるクリエイターさんたちの青空市(?)

 

f:id:ao09:20170112140437j:image

↑西門紅楼の中

工事中で閉まっていましたが、ハンドメイド雑貨等を扱っているお店が集まっている部分だけは見ることができました。缶バッチを買ってしまった!

 

お次は西門の定番、阿宗麵線です。

ツルツルの細麺と柔らかいモツが、カツオ風味のスープの中で優しさに包まれている...。そんな感じ(どんな)

麺なのにプラスチックのスプーンが付いてくるところが私的に謎でしたが、皆さん黙々と食べています。次は冬に食べたいかな。

 

 

f:id:ao09:20160830132913j:image

↑阿宗麵線

2サイズあるのですが小でも1人だと多いです。

オーダーの流れは早いですがスタッフのお兄さんの対応はとても丁寧で気持ちが良かった!

 

西門駅周辺は、日本でいう渋谷原宿エリアと言われるだけあって本当に若者が多いです。

アニメ文化も充実しているようで、渋谷原宿というよりも、秋葉原なんじゃないかという気も(笑)

あまり買うものはありませんでしたが、とにかく活気があって楽しいです!

 

西門をふらふらした後は、台北101近くの四四南村へ。

ここは昔軍人村だったそうで、敷地内にはその時代の建物を使った歴史公民館や雑貨店があり、文化公園として親しまれているそうです。

 

f:id:ao09:20160902143826j:image

↑敷地に入るとまず目に入る建物

親子向けの施設だったかな

 

f:id:ao09:20160902144108j:image

↑木陰が嬉しい

 

f:id:ao09:20160902144216j:image

↑ここも土日には、西門紅楼前のような青空市が開かれています。無花果ドリンクを買いました、酸酸甜甜的好喝!

 

f:id:ao09:20160902144735j:image

↑写真スポットですよ!

素朴さと温かさを兼ね備えたセンスが羨ましい...!

 

こんな感じで見どころ満載の四四南村なのですが、その中でも特に人気なのが雑貨とカフェを併設している「好,丘」というお店です。

今回カフェは利用しなかったので見たのは雑貨の方だけなのですが、台湾産のお茶や石鹸等、品質にこだわったオーガニック類、台湾モチーフのポストカードやキーホルダーなどの雑貨類、あとTシャツやバッグなどファッションの類も販売してました。

個人的に台湾モチーフの雑貨がほんとに可愛くて...次来た時も覗いてみようかな。 

 

村の周辺もぶらついて満足したので、宿のチェックインに西門に戻ります。

 

今回は安さ重視で、初めてドミトリーを選んでみました。 

スタッフさんは、日本語ができる人もいるみたいだけど滞在期間中は不在なようでした。

小学生以下レベルの英語と少しだけ覚えた中国語を駆使してチェックイン終了です。

 

f:id:ao09:20160830105615j:image

↑ロビー

宇宙船コンセプトの再現度が高い!入った途端にテンション上がります!お昼間は静かですが、夜はめちゃめちゃ盛り上がってる様子でした。

 

ちょっと休憩して五分埔へ

五分埔服飾商圏は服やアクセサリーの問屋街で、トップスが100元〜と激安な商品に出会うことができます。

 

値段交渉も楽しい^^

道ギリギリまで商品を並べるお店が狭い路地の両側にあるような場所で、その路地が何本も重なっているので本当に迷子になります。

悩んだ挙句見送った服をやっぱり買おう!と思ってもそのお店には二度と戻れなかったり、かと思えば、このお店見るの何回目や...みたいに何度も同じ道に出てしまったり。

 

いやぁ、けっこう時間を消費してしまった割に1着しか買いませんでした...。

そろそろ暗くなってきたし、夜市に向かいましょうか!

前回も五分埔→饒河夜市だったのでなんとなく道は覚えてました。確か、ガイドブック持って迷ってたら台湾の方に助けてもらったんだよなぁとホロリと思い出しました。

 

f:id:ao09:20170112140226j:image

↑ 饒河街観光夜市

定番の入り口。煌びやかでドキドキ。

 

さて、 饒河街観光夜市に着きました。

うーん人が多すぎる...前回来た時こんなに多かったかな〜

前進むのも人の流れに沿ってゆっくりだから、途中お店に立ち止まるのも、もちろん戻るのも気を使う感じでした。

人の熱気で暑すぎて、西瓜ジュースを2回も買った!あとはいつも行列の福州世相の胡椒餅を買ってもぐもぐ。

 

f:id:ao09:20170112080415j:image

↑福州世相胡椒餅

ほんとに熱々!でも予想より少ししょっぱかったかも。

 

饒河街夜市は前回よりも感動が薄かったかもしれない...。やっぱり人と連れ立って来た方が面白いかな?

 

ホテルに戻りつつ、マッサージに寄り道しましょう。

松山駅からMRTで西門駅へ、台北ナビさんで調べていたマッサージ屋に到着。

お客さんはほとんど日本人で、受付のスタッフさんが少し日本語を話せるみたい。

私が病み上がりだったこともあって、店内が異常に寒いと思って震えてたら、担当のおばちゃんが大きなタオルを持って来てくれた。優しさで更に震える私...。

前日の空港泊から酷使していた足がやっと解放されました。

 

最後にスーパーに寄ります。

西門の通りを抜ける時、わらわら人だかりのできているお店を発見!

士林夜市の行列で有名な豪大大雞排(HOT STAR)の西門町店ですね!

 

大雞排めっちゃ食べてみたかったけど明日士林に行くし、胡椒餅でお腹がいっぱいになっていたので断念。代わりに檸檬愛玉をいただきました。

初めての愛玉だったんだけど、もうね、美味しすぎた。後で思い返してみるとこの度一番のヒットだったかも。

 

f:id:ao09:20170112103816j:image

↑檸檬愛玉

甘酸っぱくて愛玉ゼリーがぷりぷりで最高でした。

 

あとはカルフールでお買い物してこの日は終了!

ドミトリーのシャワー室は数が多くて待つこともなく、さくっと寝る準備ができます。

ロビーがとっても賑やかでしたが、私も端っこのスペースをお借りしてここで明日の予定を立てます。

 

予想外の暑さと前日までの体調不良で、(私にしては)あまり食べられていないので明日に期待することとしましょう!

では台北の夜、おやすみなさい。 

 

 

 

『ウフィツィ美術館』

7/22

フィレンツェメディチ家の至宝

ウフィツィ美術館(3D)』という映画をお仕事終わりに観に行ってきました。

 

 f:id:ao09:20160726114026j:image

 

上映はシネスイッチ銀座

初めてでしたが感動してしまいました。

この映画館、なんと金曜はレディースデーで950円(3Dはプラス400円)なのです!!

これはお手頃!他の映画館ではレディースデーでも最低1000円はかかるイメージだったので、都会なのに太っ腹だなと。笑

 

シネスイッチさんの魅力はもちろん、お値段だけではありません。

なにより、上映作品のチョイスがツボすぎます。

本編上映前に予告が次々と流れる(結構長い、もう15分は観てるんじゃね?という気分になり始める。笑)のですが、全部観たくなる作品ばかり!

というか2作品くらい予告でポロポロ泣き始めた(笑)

あれ、歳かな(笑)

 

さらにシネスイッチさんの魅力は続く!

飲食物の持ち込みOKときた!!ふー!

まぁ匂いや音の強いものは言うまでもなくNGなので食べものはやめといた方が...って感じなのですが。

でも、自分の好きな飲みものを片手に映画が観れるなんて最高です。ほんまに太っ腹!

冷房の温度さえもう少し抑えてくだされば、もう本当常連になろうと思いました。(でもブランケットの貸し出しもある。)

 

 

肝心の本編、ウフィツィ美術館の感想なのですが、これは3Dでやる必要があったのかなというのがちょっと疑問です...。

4K画質の綺麗な映像を楽しみにしていたのですが、3Dメガネのせいでどうしても画面が暗く見えてしまうというか...。

また、作品をリアルに、より細かいところまで綺麗にみられるところに期待していったのですが、本来平面であるはずの絵を3Dでみることにもなんだか抵抗があるというか、作品本来の姿(もちろん画面を通してではあるけど)が気になってしまうというか。

まあ3D上映ということは理解して観に行ったので、そこは言及すべきではないのかもしれませんが、やっぱり一番気になる部分だったので感想として残しておこうかなと。

 

それ以外の点はとっても良かったです!

美の巨人たち』でばっちり予習して行ったので、この映画でフィレンツェの街並みやルネサンスの流れとメディチ家の役割も少しは把握できたかな。

 

映画の中では、当時ものを作る単純な職人とされてきた人々がルネサンス期において、彫刻家や画家、建築家というように知識とセンスを持つ人々として識別され地位が確立されていったとありました。

 

それだけ、この時期には芸術家とその作品たちは注目され時代の流れの中で重要な役割を担ってきたのだということ。

時には政治的社会的に利用されて焼き払われてしまった作品や、人の生死を分けるような作品が生まれ、芸術家やパトロン歓喜や苦悩を持って命がけで作品を生み出したというのも納得です。

確かに、彼らの作品たちは素人の私が画面を通して見るだけでも心を奪われてしまうような魅力があります。

 

出てきた中で個人的に好きな作品は、たくさんあるけど、ミケランジェロの『メドゥーサ』です。

鏡に映る自分をメドゥーサに見立てて描いた自画像なのだそうですが、強烈なインパクトというか、絶対忘れられない作品だと思います。

首からドロドロ滴る血よりも、

私は、目が、目がめっちゃ怖い(笑)

 

あとはやっぱり、ボッティチェリの『春(プリマヴェーラ)』でしょうか。

柔らかいタッチでお花も細かくて、とても美しい作品だと思います。何時間でも見ていられそう。

 

 

ここに出てくる作品たちは、他ではない「人」が生み出したものだから、その「人」々による様々な思想や思惑と、常に影響し合っていました。

だから、それらの思いの中で大切に残されてきたものや、逆に失われてしまったものたちを時が経った現代においてもこうして知ることができるというのは、決して当たり前じゃない、とても貴重なことなのだと改めて思います。

 

f:id:ao09:20160726114751j:image

上映後。映画館の展示が素敵でした。

 

おわり。

USJ

USJにいってきました。

雨の予報で心配だったのですが、

案の定入場ゲートの時点で土砂降り、午前中は使い捨てのビニールポンチョと傘が手放せなかったです。

 

でも、その雨のおかげで、土曜日だったにもかかわらずあまり待たずにアトラクションに乗れました。

混むかなと思ってたハリポタもサクサクです。

もちろんエリア入場の整理券もなし!!

 

ハリポタエリア、感動でした。

細かいとこまで再現されていてすごく楽しめました。

特に夜のホグワーツ城が本当に素敵で厳かで...。

f:id:ao09:20160711235614j:image

灯りが漏れてロマンチックすぎる。

 

 

USJは2.3年ぶりだったのですが、

改めて、なんかいいなぁと思いました。(なんか笑)

 

比べるものではないのですが、ディズニーほどキャラクターやその世界に精通していなくても楽しめるところが自分に合ってるのかなと。

クルーさんも、あえて完璧でなくほどよく礼儀正しく、それでいてフレンドリーすぎるところが絶妙です!

 

個人的にホグズヘッドの眼鏡のクルーさんがツボでした。人懐っこそうで羨ましい。笑

 

 

そんな感じで最高のUSJなのですが、

少し難点を出すと、アトラクションがトラブルでめっちゃ止まるところと、単純に入場料が高いところですかね。

もちょっと安くなりませんかね〜

 

あとやっぱりE.T.バックトゥーザフューチャーは必要ですよ!USJさん!!切実です!

 

 という注文の多いゲストでした。

ごめんなさい。